TBK(The Bandman's Kind)
チケット予約

ザ バンドマンズカインド(The Bandman's Kind,TBK)は、東京を中心に活動する下町発4ピースバンドです。

Interview「Message From Downtown」発売記念インタビュー

The Bandman's Kind

The Bandman's Kind

誰しもが思いを馳せられるような言葉を綴り、それを絶妙なドライブ感でロックに昇華する。何かに偏ることもなく、寄り掛かることもなく、真っ当なロックを奏でるバンド、それがThe Bandman's Kindだ。そんな彼らが、結成から短いスパンで初となる作品、1stミニアルバム『Message From Downtown』を完成させた。多大な熱量に溢れながらも、どこか懐かしく、どこまでも親しみやすいサウンドが実に美しい。細かなカテゴライズは飛び越えて、多くのリスナーへ訴えかける力を持っているだろう。今回は、作品についてはもちろんのこと、結成のいきさつからメンバーの素顔、バンドと向き合う想いをゆったりとした雰囲気で語ってもらった。

interview by ヤコウリュウジ

――最初に、メンバーの関係性を教えていただきたいんですが、昔から繋がってるのは?

開道(G./Cho.)まず、オレと城三くん(中村)が10年ぐらい前から知り合いですね。

――お互いの第一印象は?

中村(Vo./G.)悪かったですね(笑)。

一同ハハハハ(笑)。

開道なんで、そんなこと言うんですか(笑)。

中村まあまあ(笑)。で、堀尾はいつぐらいに会ったんだったっけ?

堀尾(Dr.)同じぐらいの時期だったと思いますよ。以前やってたバンドでDDTと対バンしたのがキッカケでしたね。ただ、そんなに話したことはなくて。

――あっ、そうだったんですか?

中村それこそ、堀尾は真面目なヤツなんで、オレは嫌われてるんじゃないかと思ってたぐらい(笑)。

――じゃあ、この3人は昔から繋がりがあると。で、小出さんは?

開道小出は僕が繋がってたんですよ。

小出(Ba.)僕がもうひとつやってるO'tiempomanっていうバンドと開道が前にやってたバンドが対バンしてたんですよ。

開道そうそう。同世代のバンド同士だったので、ずっと仲良くやってて。

――中村さんと小出さんは?

中村2回ぐらい対バンしたことがあったよね?

小出いや、意外と1回だけなんですよ。でも、そのときに地元が一緒という話題で仲良くなって、連絡先を交換したんですけど……特にその後は何もなく(笑)。

一同ハハハハ(笑)。

The Bandman's Kind

中村そうだったね(笑)。あと、O'tiempomanのヴォーカルが僕らの地元にある浅草KURAWOODで働いてた時期があったんで、バンドとしては親しみもあったし。小出に関しても、フィーリングが合いそうな予感はしてたんですよ。

小出で、今年になって城三さんから久しぶりに連絡があって、「話があるから、弾き語りを観に来て欲しい」と。そのとき、「オレと一緒にバンドをやらないか?」って言ってもらったんで、「やります!」と言ったんですよ。

――えっ、即答だったんですか?

中村それ、オレがビックリしたんですよ(笑)。

――ですよね(笑)。どうして、すぐに答えが出せたんでしょうか?

小出まず、城三さんの歌がいいなと思ったし、ベーシストとしての力を試したい気持ちがあったんですよね。

堀尾その力試しみたいなのは、オレもあったな~。

――中村さんはどういったイメージで声をかけたんですか?

中村やっぱり、ヘヴィなことができる人がいいなとは考えてました。それに加えて、歌が好きだったらいいなと。

――そういった意味では、みなさんの好みは?

堀尾雑食ですね。J-POPも聴けばジャズ・フュージョンも聞くし、DREAM THEATERが好きだけど、平井堅も好き…みたいな感じで、ジャンル関係なく色々聴きます。

小出いろいろ聴きますけど、個人的に好きなのはQomolangma Tomatoみたいなサウンドですね。

開道オレも聴くだけだったらポップスも好きなんですけど、自分が演奏するとなったら激しいモノがいいですね。ただ、このバンドをやると決めたときは、歌をしっかり届けられるような感じでやりたいなと思いました。

――意外とバラバラですけど、そのバランスがいいんでしょうね。では、この4人でスタジオへ入ったのはいつぐらい?

堀尾4月中旬ぐらいでしたね。で、どんどん曲作りを進めていきました。

――いきなり曲作りからスタート?

堀尾事前に曲のデモを渡されていたのもあったんで、そうでしたね。

小出でも、個人的にはたいへんでしたよ。オレは、コードを覚えるっていうことをやってきてなかったんで。

開道オレも今まではパワーコードをやってれば大丈夫っていうのが基本だったのに、いきなりセブンスとかいろんなコードが入ってきましたからね(笑)。

――4人で合わせた感触はいかがでしたか?

中村激しいのは大丈夫だったんですけど、歌に寄り添うようなテンポ演奏になったとき、まずは壊滅的なダメージを……このギターが(笑)。

一同ハハハハ(笑)。

中村だって、クリーンをパワーコードで全部弾くんですよ(笑)。

小出あれはビックリした(笑)。

――ハハハハ(笑)。まあ、最初は全体のニュアンスを掴めないところもあるでしょうし。

開道でしたね。あと、オレは前のバンドを辞めてから、ちょっとブランクもあったんですよ。だから、最初は特にたいへんでした。

――とは言いつつも、バンドの出だしとしてはスムーズでしたよね。

中村そうでしたね。曲もパーッと作り始めたし、いろんな予定も決めながら、先を見据えて動き出せたと思ってます。ただ、曲の細かい部分に関しては、意外とたいへんだったかも。

小出それこそ、音作りとかですよね。歌を引き立たせる為に、どういった音がいいのか。

中村結構前なんですけど、小出から「この一音をどうします?」って言われたことがあって……正直、オレはわからなかったんですよ(笑)。

The Bandman's Kind

小出ちょっと待ってくださいよ(笑)。

一同ハハハハ(笑)。

小出城三さんの歌って繊細じゃないですか。だから、音をしっかり作りこまないとダメだと感じたし。実は、実験的な取り組みもしてるぐらいなんですよ。

――レコーディングはいつ頃から考えました?

中村バンドを組んで、すぐに考えました。だから、最初の予定では、6月にレコーディングして、夏ぐらいには作品として完成させたかったし。

――かなり急ピッチですよね。4月に結成して、6月にレコーディングという……まあ、バカげたスケジュールと言いますか(笑)。

一同ハハハハ(笑)。

中村いや、ホントにそうなんですけど、そういうバカみたいなことがやりたかったんですよ。それこそ、高校生みたいなノリというか、ワーっとみんなから出てきたモノをまとめて、まずはレコーディングっていう。

――とは言っても、焦りはありますよね?

堀尾意外と、オレはなかったかも。レコーディング自体も、一気に全部するわけじゃなくて、曲がまとまったらやるっていう感じだったのもあったし。

小出マジっすか? オレは超焦りましたよ(笑)。

――そう言えば、バンド自体は中村さんがまとめてるんですか?

中村いや、リーダーは開道ですね!

一同ハハハハ(笑)。

――なんだか爆笑してますけど、ホントのところは?(笑)

小出意外とウソではないです(笑)。もちろん、城三さんがバンドの方向性みたいなのをまとめてはいるんですけど、普段のスタジオでは堀尾さんとヤンヤン(開道)がバランスをとってるところがあるし。

堀尾そのへんは、役割分担みたいになってますね。

開道そうですね。自然な感じで、自分ができることをそれぞれやってるみたいな。

――発起人がいるバンドって、ワンマンみたくなりがちじゃないですか。

中村そういうこともあるかもしれないけど、そんなことはないですね。やっぱり、みんなバンドマンというか。いろんな提案をしてくれるし、自分じゃ絶対に思いつかないようなアイデアも出してくれるし。

――じゃあ、お互いに遠慮もなく、取り組めてると。

中村特に、堀尾は最初から遠慮がなかったかも(笑)。

堀尾気質として、思い浮かんだモノは試してみないと気が済まないんですよ(笑)。

The Bandman's Kind

――曲の根本は中村さんがバンドへ持ってくるようですけど、アレンジで劇的に変わった曲はありました?

中村そういった意味だと、「虹の列車」かな。あれは、もっと激しいイメージだったんですよ。でも、最終的にはしっとりと仕上がりましたね。

小出あと、「回想」もそうじゃないですか? いちばん最初のデモで聴かせてもらったときは、優しい歌を全面に出す感じだったし。

――実際に収録されてる「回想」は、ゆったりとした歌から始まり、そこから加速していきますが、最初のニュアンスはその名残だったり?

中村そうですね。当初は、全体的にあの感じでいく予定だったし。

――しかしながら、結成して2ヶ月ぐらいでレコーディングに突入して、完成したのが全8曲っていうのは多いですよね。それこそ、3曲ぐらいでもおかしくないし。

中村だからこそ、というか。みんな、最初のデモCDみたいなのって3曲ぐらいだし、そこを8曲なのが面白いかなって(笑)。

開道あと、ライヴでやる曲が全部入ってる作品があったら、「これがオレたちだ!」ってわかりやすいかなというのもありましたね。

中村曲自体も一気にできましたからね。初期衝動的なところで、バンドが駆け抜けた1枚にしたいと考えてたし。

――やっぱり、作品を完成させると、バンドとしてより噛み合いますよね。

中村そうですね。だから、じっくりと時間をかけて、細部にまでこだわるというよりも、まずは今のノリを大事にして作りたかったし。もちろん、いい作品になったという自信もありますけどね。

――みなさん、いろんな経験をしてきてるわけで、改めてフラットな感覚でバンドに臨めてるんですよね。

中村それは大きいと思いますよ。音楽性ありきでスタートしたバンドでもないし。単純に、バンドっていうのモノに引き寄せられたというか。

――ちょっと話はズレるかもしれないですけど、結成したのは東日本大震災の直後ですよね。気持ちの上で、何かしら関係したところはありましたか?

堀尾ありましたね。個人的にいろんなことが重なったのあって、7.5kgも痩せたし……だから、バンドが動き出すことで救われたというか。

小出震災のタイミングでは、城三さんと僕しかメンバーじゃなかったんですよ。で、ちょっと落ち着いて城三さんと会ったとき、なんだか凄くやる気を感じたし……。

――やっぱり、衝撃的なことでしたからね。

中村凄かったですよね。東京でも、いろんなモノが崩れるし、お台場では煙が上がるし。8月に仲間内のバンドで南相馬へ物資を届けに行ったんですけど、まだまだ爪あとは残ってますから……個人的に、凄くうちのめされたところもあって。「オレは何をやってるんだ? バンドをやりたいんじゃないのか?」って痛感したんですよ。で、震災の翌日になんとなくギターを弾いてたら、30分ぐらいで「Message from downtown」ができて…この曲をバンドとしてやりたいと思ったし。

The Bandman's Kind

――今は作品も完成し、ライヴもやり始め、バンドとしての充実感があるんじゃないですか?

小出そうですね。バンド内の役割もわかってきたし、充実はしてますね。

堀尾欲を言えば、もっと上にいきたい。今までよりもいい曲を作りたいし、もっといいライヴをしたいです。

――今後、どういったところを打ち出していきたいと考えてます?

堀尾歌が中心にあるのは当然なんですけど、それを大前提にしながらも、しっかりとメンバー4人の個性を出していきたいですね。歌の後ろにみんながいるわけじゃないというか。

小出城三さんの書く歌詞って、みんなが経験してるようなことばかりじゃないですか。だから、それに想いを乗せながらも、自分のいいところをちゃんとアピールしたいし。

――楽器が歌の添え物ではダメだと。

堀尾そうですね。ただ、時と場合によっては、そういった役割を果たすべきところもあるとは思いますが。

小出いやいや、城三さんをぶっ壊しましょうよ!

一同ハハハハ(笑)。

中村お酒が入ると、小出はいつもこんな感じです(笑)。

――今後に関してですが、ライヴは増えていくんですよね。

中村そうですね。ありがたいことに誘ってもらうことも増えてきて、関東近郊はもちろん、九州に行く予定もあります。気持ちとしては、ガッツリとツアーをしたいのもあるんですけど、その前にもっとバンドを固めることが必要かなと。しっかりと成長して、次はスカイツリーの開業に合わせてシングルぐらいの作品をリリースし、更にフルアルバムへ向けて動き出したい。そこで、一気にツアーを回ろうかなと考えてますね。まあ、とにかくライヴですよ。ライヴがいいと言われないと、バンドとしてはダメですからね。

Next Live全てのライブ情報をみる

News & Topics全てのニュース&トピックスをみる

Release Infomationディスコグラフィーを見る

One
2014.10.2 Release

2nd アルバム
「One」
価格:2000円

  1. ナイスデー
  2. 新世界
  3. ルーティーン
  4. 憂いのダーティサーティ
  5. 想い
  6. MySong
  7. 七号線
  8. UNRIGHT
  9. NeverEnd
  10. ヤラネバー
  11. 真心
  12. It's往来
  13. ロードショー
    The Bandman's Kind Photography